兵庫県神戸市灘区桜口町2-2-10
エクサーグ六甲1F

078-846-6655

神戸市灘区 歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 歯医者

HOME医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ診療案内

設備紹介

診療Contents

予防歯科

インプラント

治療症例

さくらね歯科院長ブログ

診療予約について

お問い合わせ

リンク

求人募集

sp

Twitter@sakuraneshika

インプラント

トップページ»  インプラント

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラント治療とは、人工物でできた歯根を顎の骨の中に埋め込んで、それを土台として失われた歯および噛み合わせの再建を行う歯科治療のことです。

歯科治療におけるインプラントの歴史は古く、これまでいろいろな材料や形をしたインプラントが用いられてきましたが、現在では純チタン製のものが主流となり、成功率もこれまでのインプラントに比べ飛躍的に向上しています。

インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。

PageTop

こんな方におすすめ

○入れ歯を使ってみたが、十分に満足できない方

○ブリッジや入れ歯を入れるために、健全な歯を削る必要がある方

○歯列にスキ間があるため、自然な形のブリッジができない方

○すでに入っている大きなブリッジを全部やり直す必要性が生じた方

PageTop

治療の流れ

治療の流れ

1.検査と治療計画
失われた歯の数、インプラントを埋め込む歯の硬さ、大きさ、位置により、治療にはさまざまな選択肢があります。

歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

2.一次手術
あごの骨にインプラントを埋め込みます。

3.治療期間
一次手術後、3~6ヵ月の治癒期間をおく事で、インプラントと骨が強い力で結合します。

4.二次手術
歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。
この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

5.人工の歯を作成・装着
歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作成し、インプラントに取り付けます。
メンテナンスと定期健診インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。

ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また年に2~3回程度の定期健診を受けて、インプラントや人口の歯の状態、噛み合わせを確認します。

PageTop

インプラントQ&A

Q.インプラント治療に年齢制限はありますか?

A.年齢の上限はありません。骨の成長がほぼ完了する16歳以上であれば、医学的・解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。

Q.インプラントの治療期間はどのくらいなのですか?

A.インプラントの手術自体は、本数が多くない限り1~2時間位で終わるのですが、手術してからインプラントが完全に骨とくっつくまで3~6ヶ月程かかります。ただし、インプラントの種類・術式によれば即日から機能させる場合もあります。

Q.インプラントの耐久性は?一生もつのですか?

A.一生持つと診断された天然歯(何も処置をしていない歯)は存在しません。インプラントも同様です。インプラント自体が虫歯になる事はありませんが、インプラント周囲炎を患うリスクが天然歯と同様にあります。それを防ぐにはご自身によるホームケアと、歯科医院で受けるプロフェッショナルケア(メンテナンスクリーニング)が必須です。手入れが行き届いている方のインプラントが10年、20年と使えている例は多数存在しています。

Q.治療している間、歯が無いところはどうしますか?

A.仮歯や仮の入れ歯を入れますので、見た目にも食事をするにも問題はありません。

Q.以前の自分の歯と同じように噛むことはできますか?

A.インプラントは顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり、りんご、たくあん、せんべい、あわびの造り、するめなどほとんどの物はしっかりと噛めます。以前の自分の歯以上かもしれません。

Q.治療費はどのくらいかかりますか?

A.インプラント治療は自由診療ですので、診察を含め保険がききません。使用するインプラントの本数・種類、人工歯の種類、手術の難易度によって費用は異なります。事前に担当医師にご相談ください。

Q.歯が一本もなくてもインプラント治療は可能ですか?

A.失われた歯の本数は基本的に問題ではありません。全く歯の無い方でも、部分的に歯のない方でもインプラントは可能です。また、御高齢の方でも重篤な全身疾患のある方以外は問題ありません。事故などの理由により通常の補綴物を入れるのが難しい場合でもインプラントは対応可能です。

Q.手術の際は、入院が必要ですか?

A.手術後の安静は必要ですが入院は必要としません。

Q.手術後の注意は?

A.1~2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたベビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいはしないで下さい。また、大きく口をあけたり、笑ったりするのも避けて下さい。薬は指示通りにきちんと服用して下さい。はみがきは手術当日はやめ、その後は先生の指示に従って下さい。

PageTop