兵庫県神戸市灘区桜口町2-2-10
エクサーグ六甲1F

078-846-6655

神戸市灘区 歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 歯医者

HOME医師のご紹介当院のご案内地図・交通案内初診の方へ診療案内

設備紹介

診療Contents

予防歯科

インプラント

治療症例

さくらね歯科院長ブログ

診療予約について

お問い合わせ

リンク

求人募集

sp

Twitter@sakuraneshika

予防歯科

トップページ»  予防歯科

虫歯にならないように

虫歯にならないように

歯を虫歯にさせないためには正しい歯磨きの方法とプラークコントロールが重要です。

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。

歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯を健康に保つために何よりも大切なのは「虫歯にしないぞ!!」という患者さん自身の気持ちです。
その気持ちさえあれば毎日の歯磨きもがんばれるはずです。

定期的な歯科検診も忘れずに行くようにしましょう。

PageTop

プラークコントロール

プラークコントロール

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。
歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。

歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉炎の段階なら、毎日十分歯みがきをしてプラークを取り除けば、正常な状態に戻すことができます。

PageTop

スケーリング

スケーリング

歯周病の予防で大切なことはプラークを取り除くことですが、歯石が付いてしまっているとプラークを除去するのが困難になってしまいます。
しかし、歯石は歯ブラシで掃除しても除去できないのです。
そこで大切なのが歯科衛生士さんによる「スケーリング」です。
特別な器具を使用して、家庭では取れない歯石をきれいに取ってもらうようにしましょう。

PageTop

フッ素とは

・むし歯の発生・進行を防ぐ力がある。
・プラークの付着を抑える力がある。
・酸に溶けにくい強い歯をつくる力がある。
・溶けはじめの歯を再生し、健康な歯の質に戻す力がある。

PageTop

フッ素を使った予防法

フッ素入り歯磨き粉

フッ素入り歯磨き粉はプラークや細菌の病原性を弱めると共に、歯を強くし、再石灰化の促進が期待出来るので、お勧めします。ただ、歯磨き粉を使うと清涼感が増し、お口の中がさわやかになり、磨いた気分になってしまうこともありますので、きちんと、毛先を当てて歯垢(プラーク)を落とすように気をつけて下さい。

フッ素洗口(ぶくぶくうがい)

フッ化物(フッ化ナトリウム)の水溶液を用いて、ブクブクうがいを行う方法です。
簡便で費用が安く、萌出直後の歯に比較的高い効果が得られることから、学童期を中心とした永久歯のう蝕予防対策として有用な方法です。 歯科医師の指導により家庭で行う方法(家庭応用)と、保育園・幼稚園・小中学校などの施設で集団的に実施する方法(集団応用)があります。

フッ素塗布

フッ素を使用することにより、むし歯の原因菌が出す酸からの攻撃に強くなります。
しかしフッ素を歯に塗っても酸で歯が溶けるという性質を変えることはできません。
またフッ素の効果は長期間続くものではありません。
このため日々の歯のお手入れと定期的な使用が必要です。

シーラント

虫歯になっていない奥歯の細かい溝に、レジン(プラスチックのような樹脂)をコーティングし、虫歯になりにくくする処置のことです。フッ素塗布を行うと、フッ素が歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。この結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対して強くなります。このため、フッ素塗布により、歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。
また、歯のエナメル質のまわりにフッ素があると、再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。最近の研究では、この再石灰化促進力がむし歯予防効果としては大きいと言われています。
むし歯予防のためのフッ素使用は、歯科医院で行うフッ素塗布以外に、ご家庭で行うフッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口があります。フッ素塗布とこれらの併用をお勧めします。

PageTop